肌をきれいにする方法

週一のスペシャルケア

本格的な夏がやってきて、紫外線による日焼けでお肌の調子もよくありません。
夏は、お手入れが本当に大事だと思います。
夏以外は基本のスキンケアと2.3週間に1回のスペシャルケアをしていますが、
夏はそのスペシャルケアを週1回など頻繁に行っています。
すると、やっぱり肌の調子はまだよい方だと思います。
ケアとしては、まずは角質をピーリング剤でとります。これが本当にポロポロととれるんです。
これをするだけでも、その後の肌の状態はすべすべしています。
次に、化粧水を少しだけつけて炭酸パックを行います。炭酸パックをつけたときは、初めはぴりぴりします。これが日焼けをしている証拠なんですよね。効いてるーって感じがします。
その後は、普通に化粧水とオイル、クリームを塗っています。その最中は、ミストをずっとつけています。角質取りと炭酸パック、これを行うだけで肌の状態はずっとよくなります。
ただ炭酸パックは少し値段が高めなので週1回にして、角質とりだけでもこまめにするだけでも調子は良くなります。
ハニーココ 効果

がってん塗りがオススメですよ!

20代前半、ズボラな主婦です。わたしの毎日のお肌のお手入れは、風呂上りにする、クリームパックです。
19歳の時に、肌の綺麗な40代の主婦の方に教えて貰ったいわゆる、がってん塗りというケア方法です。
まず、湯船にたっぷり浸かり、その後のクリームが浸透し易いように汗をかきまくって毛穴を開いて汚れや老廃物を取り去り、普通に洗顔をします。その後の濡れたまんまの顔に、化粧水やら美容液やらは全くつけず、ワセリンかニベアか、そこらにある安いクリームを顔にたっぷり馴染ませ、放置し、これだけで終了。
いたって簡単かつズボラに見えるケア方法なのですが、
翌日、肌の透明感もファンデのノリも違うんです!
兎に角モチモチになり、憧れの柔らかほっぺになれます。
プチプラのファンデひと塗りで毛穴全くないくらいになります!
化粧くずれもしにくい!
ニベアの青缶は安いしオススメです。冬場は顔に塗ったくりしたクリームを手にもそのまま使えますし。
合う、合わないがあるらしいですが、世の女性の皆様、一度試してみたらどうでしょうか。

外からよりも中からのお手入れかしら?

肌のお手入れ。

ともかく外からの刺激をなくそうとしたら
UVのケアでしょうね。
そして化粧品に頼らないように肌を作りたいとしても
がっつり昼間メイクしているひとの
中年以降って顔、ものすごく劣化(失礼)してる
気がして、それの原因って見事に

「メイク用品のダメージ」なんじゃないか?と。

現実問題、セルフケアだけで何とかしようと思っても
メイク=工業製品でしょう?みたいなものの
外側からのダメージは大きいので
アラサーになったら
その手のケアは年に数回でもいいので
プロの手を借りたほうがいいかもしれません。

なんだかんだ日常的にエステには
いっていませんが。
疲れたなぁとおもっていた派遣OL時代。
お金はないので体験エステ通いで
かなりケアをしました!
もちろん「お金はない!」の
キアイで継続的に通う意思はないをはっきり
しなくてはなりませんけれど。

その後は内面のケアで
しっかり睡眠と栄養をとることをこころがけています。

ナッツ類やビタミンBのサプリメントはとっても
自分の肌の維持に重要です。
そこはあきらめないで!

私のお肌のお手入れ方法−洗顔について

私のお肌のお手入れ方法は、全くの自己流なのですが、もともとお肌の性質とは個人差の大きいものでかと思います。
ですので、それぞれが自分にあったものを見つけることが最良ではないでしょうか。
その方法を探すうえで、私の方法が何らかの参考になればと思います。

まずはお手入れの最も基本である洗顔について、です。
洗顔の重要性は言うまでもないかも知れませんが、その洗顔自体が改めて考えてみれば、簡単なようで難しいものです。
洗い過ぎれば肌荒れを引き起こし、洗いが不十分であっても肌トラブルの素となり、そのさじ加減が難しいのです。

私自身は、洗浄剤を使うのは一日一回と決めています。
と言うのも、朝晩の二回洗浄剤を使ってしまうと直ぐにお肌の乾燥を引き起こし、ガサガサになってしまうからです。
そしてまた、洗浄剤はせっけんのみと決めています。
これも、それ以上に洗浄力の強い洗顔フォームなどを使ってしまうと肌荒れを起こしてしまうからです。

朝起きて冷水で肌を引き締めるように洗顔し、晩には一日分の皮脂や外気中の埃などの汚れを浮かせるようにせっけんを良く泡だてて洗顔しています。

この方法をもう十数年続けていますが、今のところ目立った肌トラブルもなく、とても健康なお肌を保っています。

肌の手入れの為に洗顔が一番欠かせないです。

肌の手入れをする時に、私の場合、一番欠かせないのが洗顔をする事です。

 現在使用している洗顔用の石鹸は、つかってみんしゃいよか石鹸であり、洗顔の時にその石鹸を使う事で肌の手入れを行っています。

 特に私は鼻の毛穴の黒ずみが酷いので、小鼻の部分を念入りに行い、汚れを吸着させるような感じで小鼻の洗顔を行っています。

 今までは鼻の毛穴の黒ずみがかなり酷かったけど、つかってみんしゃいよか石鹸を使って念入りに肌の手入れを行った所、毛穴の黒ずみの酷さが改善されました。


 洗顔後の肌の手入れとして、化粧水や美容液を使う事で、肌に水分を与えて乾燥肌を防ぎ、保湿液で更に肌の保湿を高めて、肌の手入れをしています。

 又今のかなり暑い時期だと、紫外線対策として日焼け止めを使う事も、肌の手入れとして欠かせない事ですね。

 以前は暑い時期でも日焼け止めを塗らなかった為、かなり日焼けして、肌に大ダメージを与えてしまいました。

 その肌の大ダメージ経験から、日焼け止めも肌の手入れの為に重要な事だと認識しました。

 現在は、化粧水、美容液、保湿液、日焼け止めを切らしてる状態なので、これからでも肌の手入れの為に通販サイトで購入するつもりです。


肌のお手入れ方法

私は肌のお手入れ方法にこだわりがあります。敏感肌のため、手作り化粧水を使って毎日コットンパックをします。美容液代わりにサンホワイトP1という純度の高いワセリンを使用しています。他に化粧水の吸収をよくするために、ウォーキングを1時間しています。腕をよく振って肩甲骨を動かすように歩きます。肩甲骨を動かすと肩凝りにも効きます。ダイエットや便秘解消にもなります。いい事だらけです。そして、週1でプラセンタ注射を打ちに行っています。美白効果とニキビ跡に効きます。プラセンタはサプリメントでも摂っていますが、飲み続けていたら、肌の調子がとてもよくなりました。コラーゲンも飲んでいます。化粧を落とす時は、スチームを当てて肌のキメを壊さないように、ゆっくりマッサージをします。その後、冷たい水で化粧を洗い流します。朝は野菜と果物をバイタミックスにかけて飲みます。食事はバランスよく、毎日、肉と魚を交互に食べます。「美容は1日してならず」です。

低価格で日常のケア

私は混合肌の持ち主です。
以前は、そこそこの価格の化粧品やケア用品を使用していましたが、今は、できるだけコストをかけずに、自分の肌に合ったポイント重視のケアをしている毎日です。
まず、値段にかかわらず、いろんな商品をしること。
情報収集して、お試しなどで使用してみる。
最近はお試しサイトや紹介サイトなどでいろいろな情報を仕入れることができ、また安価でサンプル品を購入したり、もらえたりします。
これをフルに活用し、いい商品を取捨選択する。
私も、試行錯誤の最中で、これがいいと100%言い切れませんが、常に情報収集をし、商品が少なくなってきたら、現状の商品で継続するか、新しい商品に乗り換えるか検討しています。
少し前は、割引などから同じメーカーのものをよく利用していましたが、結局もとの値段設定が高く、割引して普通ということもありました。
最近はネットと格闘しています。(化粧品に限らずなのですが・・・)
とにかく情報の社会。いろいろ調べてよりよい商品を手に入れる。
ただ口コミがよくても、自分の肌に合わないこともあるので、気をつけましょう。

簡単なスキンケア

もともと、肌が敏感で混合肌なので、あまりいろいろなスキンケアをすると、かえって肌がトラブルを起こすことがたびたびありました。人気のあるスキンケアでも、強い香料が入っていたりすると、皮膚科通いもありました。スーパーマーケットでも売られているような安い化粧品などのほうが、トラブルも起こすことなく使えたことの経験から、今では、手入れというよりも簡単なスキンケアを心がけています。
まず、朝は、洗顔剤を使わず、ぬるま湯で何度か洗顔、その後冷水で仕上げ。化粧水も乳液もすべて混ざった化粧品を肌になじませます。その後、美容液入りの化粧下地をつけます。夕方は、soap freeの洗顔クリームで、いったん、すべてを落として、洗顔剤で洗顔。朝つけた化粧品をなじませます。夜寝る前に、美容クリームを塗ります。会社員のころは、温度の変化が一日の中でも激しかったので(夏の冷房、冬の暖房など)、パックなども時々していましたが、フリーになってからは、自分で調節ができるために、上記のようなスキンケアで十分となりました。化粧水、乳液の混ざったタイプの化粧品も最近は、種類もたくさんでているので、その中から値段がさほど高くなくて、気軽に使えるものを使うようにしています。

肌のお手入れで気をつけている事

女性なら誰もが思う事だと思いますが、いつまでも年齢よりは若く見られたいものです。
私は肌の特に目尻のしわとほうれい線のケアを心掛けています。この二つは何もケアをしないと気づいた時にはもう出来てしまっています。私も全くない訳ではありませんが、少しでも目立たせなくしたいのです。
私が実際にやっている方法は毎朝と晩に化粧水と乳液をつけるのは皆さんやっている事だと思うのですが、その後に目元、口元用の市販クリームをたっぷり塗りひたすら手でしわを伸ばすようにマッサージをします。目元は下から上へ、ほうれい線もあごから鼻の方へしわを伸ばす感じで5分くらい時間をかけてやった方がいいです。
後1週間に1回はパックをしてもっちりすべすべ肌を保っています。パックをすると本当不思議と顔から悪い物が取り除かれた気がして、顔がかるくなった気がします。
やっぱり若さを保つには毎日の時間をかけたお手入れも大切ですが、自分がいつまでも若くありたいと思う気持ちを持ち続ける事が一番大切だと思います。

日焼けと乾燥をとにかく防ぐ

私は30代後半なのですが、最近になって顔にシミが増えてきた気がしています。
もともと日焼けをすると、肌が真っ赤になってしまうので日頃から焼かないようにしているのですが、5月から9月ぐらいまでは
特に気を付けていて、近頃は乾燥にも注意を払っています。



私が日焼けに気を付けているのには、他にも理由があります。
数年前に、顔にあるホクロを数個レーザーで取ったことがあるのです。
今は跡形もないのですが、紫外線の量によっても今後またホクロが復活してくる可能性があるので、
せっかくお金をかけて取ったのでUVカットをして紫外線を防いでいます。
そして最近気になるのが、年齢のせいなのかどのような化粧品を使っても、肌の乾燥が激しいことです。
試しにコラーゲンを飲んでみたら、次の日の肌の調子が良いので続けてコラーゲンを飲んで体の中から潤うようにしています。
さすがに効果は高いと思うので、しばらくこのまま続けていきたいと思っています。
10代20代の頃は、こんなに乾燥する事になるとは思わなかったので、年を重ねるとは大変なことだと実感しています。
"

一年中徹底的に紫外線を防ぐ

 お肌にとって、一番有害なことはなんといっても紫外線だと思っています。
肌のあらゆるトラブルも、老化現象も紫外線が原因である事が非常に多いのです。

ですから、お肌のために気を付けている事は紫外線予防をするという事です。
紫外線は曇りの日でも冬でも、室内にいても常にお肌へ影響を及ぼしているので、一年中日焼け止めはかかせません。
また、日焼け止めだけでは不充分なので上からUVカット効果のあるパウダーを重ねています。
パウダーは、非常に紫外線をカットするのに有効で、また肌への負担も少ないものなのです。

日焼け止めもワンシーズンにつき数種類を使い分けています。
普段は、石鹸でも落としやすいSPF30程度のもの、レジャーには高SPFでウォータープルーフのものといった具合です。
また、夏には加えて皮脂抑制効果のあるものだったり冬には潤い重視のものと使い心地も重要になってきます。
PAは、光老化を防止するためには最も重要なポイントですから、+++以上のものを必ず選んでいます。

こうした紫外線対策は、今だけではなく数年後、数十年後のお肌にまで影響を与えると思うので、大変力を入れて予防をしています。

日常生活で気をつけていること

 30歳を過ぎて、出産をした頃から、急に肌にはりがなくなったように思います。
産後半年ぐらいは、あまり美に関心がなく、育児にばたばたしていたのですが、少し余裕が出てきて、ある日ゆっくり自分の顔を
見ると、肌が老化しているように感じました。

それから食べ物に、以前より気をつけるようになりました。特に野菜を多く摂るようにし、温野菜で食べるようにしています。
ニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜は、特に良いようで、たくさん食べます。
便秘をしたら肌がきたなくなるので、牛乳やヨーグルトを摂ったり、食物繊維を摂るようにしています。

また紫外線を浴びると、シミやそばかすなどの原因となるので、5月〜秋になるぐらいの時期は、外出時には日焼け止めをしっかり
塗り、夏場は日傘をさすようにしています。

最後に睡眠不足がお肌の大敵となるので、一日に6時間ぐらいは睡眠をとるように心掛けています。早寝早起きをして規則正しく
生活することが、美肌にとって良いと思います。

このようにお金をかけずにできることを、私なりに努力してやっていきます。"
"30歳を過ぎて、出産をした頃から、急に肌にはりがなくなったように思います。
産後半年ぐらいは、あまり美に関心がなく、育児にばたばたしていたのですが、少し余裕が出てきて、ある日ゆっくり自分の顔を
見ると、肌が老化しているように感じました。

それから食べ物に、以前より気をつけるようになりました。特に野菜を多く摂るようにし、温野菜で食べるようにしています。
ニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜は、特に良いようで、たくさん食べます。
便秘をしたら肌がきたなくなるので、牛乳やヨーグルトを摂ったり、食物繊維を摂るようにしています。

また紫外線を浴びると、シミやそばかすなどの原因となるので、5月〜秋になるぐらいの時期は、外出時には日焼け止めをしっかり
塗り、夏場は日傘をさすようにしています。

最後に睡眠不足がお肌の大敵となるので、一日に6時間ぐらいは睡眠をとるように心掛けています。早寝早起きをして規則正しく
生活することが、美肌にとって良いと思います。

このようにお金をかけずにできることを、私なりに努力してやっていきます。

肌には可能な限り刺激を与えない

 シミやたるみを予防するために、肌にはなるべく刺激を与えないようにしています。

その中でも一番気を付けているのが紫外線です。太陽にあたらない二の腕の内側やおしりなどの皮膚がシミもなくキレイなことはよく知られていますが、そこまでガードすることは無理だとしても、日焼け止め・日傘・手袋・帽子・サングラスを使い分けて、なるべく太陽の光を直接浴びないようにしています。リゾート地などでは少々恥ずかしく感じることもありますが、なるべく白などさわやかな色で紫外線カット機能のあるものを選び、日差しから皮膚をカバーするよう気を付けています。

それから、洗顔時は肌を強くこすらないように泡で優しく洗ったり、タオルで顔を拭くときも抑えるようにして水分を吸収させたりしています。化粧の時もパフなどで肌をこすらないように、優しく肌に乗せています。また、化粧水等を顔に塗るときは、コットンパフで肌を痛めてしまったことがあるため、コットンパフを使わずに、手を使ってじっくりと浸透させるようにしています。

ムダ毛の処理と肌荒れ

 暑い時期になると、ムダ毛の処理を頻繁にするようになります。処理しても伸びてくるので、数日おき、時には毎日処理することもあります。そのような時には、どうしても肌荒れが気になります。
 昔から、ムダ毛処理にはカミソリを使っています。カミソリについてですが、ムダ毛を無くしたいあまりに、どうしても手に力を入れて剃ってしまいます。しかも、毛の流れとは逆に剃ってしまいます。そうすると相当肌が荒れます。ローションをつけると少しは良くなります。けれども、翌日、剃った部分を見てみると、微妙に肌が荒れた感じになっています。
 そこで、肌が荒れないように、カミソリの使い方を変えました。カミソリを持つ手を意識して、手に力を入れないようにしました。そして、毛の流れに沿って剃るようにしました。これらの方法を試して数週間したら、肌が荒れにくくなりました。たまにローションをつけ忘れて寝てしまうこともありましたが、翌日も肌荒れしていませんでした。これからは、肌の健康を考えて、正しいムダ毛処理の方法を実践しようと思いました。

ムダ毛の自己処理

 最近は永久脱毛が手軽に出来る様になり、している方も多いと思います。
私もしたいのですが、気になる所全て行うとなると昔より格安になっているとはいえ、やはりそれなりにお金がかかります。
その為お金が貯まるまでもう少し自分で処理をしなければならないので、その時に気をつけいる事は
@毎日処理しない
A化粧水をつける

@足は特に毎日処理していると、毛が奥深くに入ってしまって剃れば剃るほど触るとツルツルなのに見た目が処理していないかの様に、埋まっている毛で黒く見えてしまうからです。少し、皮膚から毛が出てきてから剃るよう様にすると見た目もツルツルに見えます。
眉毛も同様、毛が生えきらないうちに沿っていると青くなるので、少し生えてきてからいっきに剃ります。

Aカミソリで処理した後は、クリームではなく化粧水をつけるようにしています。
なぜならクリームは油分が多く処理したばかりの毛穴に入り込み、できものができてしまう場合があるからです。
私もなった事があるので、化粧水で水分を補う様にしています。
冬は化粧水の後にボディークリームを塗るようにしています。

 

サイトマップ